投資

無税生活への道 その② 所得控除とは? がっつり税金を減らそう!

ゆきあは、資産を残すためには、方法はたった2つと思う。
①収入を増やす
②支出を減らす
税金を知り、合法的に節税することは支出を減らすことになる。
年末調整で多少のポケットマネーが戻ってきたぐらいで喜んでいる場合ではない。
税金に対する意識改革を行い、極力税金を少なくする工夫をする。

ここでは、簡単に所得控除について一緒に学びましょう。
“無税生活への道 その①”と合わせて読むと、
源泉徴収票の見方が分かるので、ぜひ見てもらいたい。

無税生活への道 その① 源泉徴収とは? 税金を知り己を知るゆきあは、資産を残すためには、方法はたった2つと思う。 ①収入を増やす ②支出を減らす 税金を知り、合法的に節税することは支出を減...
今回のメニュー

・所得控除とは
・主な所得控除の種類
・年末調整完了後の修正方法
・まとめ

スポンサーリンク

所得控除とは

 所得控除は会社員の経費

所得控除とは、面倒をみなくてはいけない家族がたくさんいる人、学費のかかる子どもがいる人、いろいろな事情を抱えている人がいる世の中で、税金の世界でも個々の事情を考慮し、税負担を軽くする制度です。また、社会保険料をきちんと納めている人と滞納している人、生命保険や地震保険に加入している人としてない人、といった違いもあります。
税務というのは本来「課税の公平性」といって、税金を負担する能力に応じて課税するという考えに基づいています。そのため、年収以外にもこのような諸事情についてきちんと考慮されるのが「所得控除」です。

所得控除の種類

源泉徴収票

①基礎控除
38万円。令和2年分より48万円(所得制限あり)。すべての納税者が控除される。

②扶養控除
扶養家族について控除されるもので16歳以上1人につき38万円。
扶養家族は、年間所得が38万円(令和2年分より48万円)以下であることが条件。
70歳以上の老人扶養親族は48万円。
同居老親は58万円。
19~22歳の特定扶養親族は63万円。

③配偶者控除
配偶者について控除されるもので38万円。
配偶者は年間所得が38万円(令和2年分より48万円)以下であることが条件。
老人配偶者(70歳以上)は48万円。

④社会保険料控除
全額控除。厚生年金保険、国民保険、健康保険の支払い保険料は控除される。

⑤生命保険料控除
最高10万円まで。一般保険(掛け捨て)分が5万円、年金保険(貯蓄型)分が5万円の、計10万円までが控除される。
平成24年1月1日以降の契約は最高12万円(介護医療保険料を含む)。

⑥医療費控除
年間10万円または所得金額の5%を超えた金額。
最高控除額は200万円まで。

⑦寡婦・寡夫控除
27万円。特別の寡婦に該当する場合は35万円。

⑧障害者控除
一般障害者27万円。

⑨雑損控除
災害、盗難、横領、などの被害にあった場合に控除されるもので、被害額のうちで所得金額の1割を超過する部分など。

⑩地震保険料控除
最高5万円まで。

⑪住宅ローン控除
住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除される。

年末調整完了後の修正方法

今回の学びから控除漏れに気付いた人もいるのかな。
でもまだ、焦る必要はありません。
二通りの対処方法を見ていきましょう。

①年末調整完了後、会社側で内容を修正できる期間は、翌年1月31日までとなります。
会社の経理等に報告し、修正を依頼します。

②会社に迷惑をかけずに修正したいという方、もしくは1月31日を過ぎてしまった方には、確定申告で修正するという選択肢があります。

どちらも、面倒なので初めにバシッと決めたいですね。

まとめ

年末調整は、ただ印鑑を押して提出するだけではダメでした。

しっかりと控除を申請して、資産を取り戻しましょう。

以上、良い1日に心音から感謝、バイバイちゃ