「嫌われる勇気」とアドラー心理学 前編 虐待から”幸せになる勇気”

この本のポイント

    人の行動は原因はなくて、目的があるから行動をしている

ミヤコ
ミヤコ
昔から勉強しろていわれなかった
だから私はおバカなんだよ
アドラー
アドラー
あどらー
親の教育を原因にして、面倒な勉強をしない目的の感情を捏造したね

これを理解するのはすごく難しいけど、がんばって解釈

原因論の否定、すべては目的論
⇒人の行動は原因はなくて、目的があるから行動をしている

例えば、
喫茶店で店員さんが、コーヒーを客の服にこぼしました。
客はすごい剣幕で、店員を怒鳴りました。

怒鳴る行動は原因のコーヒーをこぼしたこと?

では、店員が北川景子さん(ゆきあの美人像)で、服にコーヒーをこぼしました。

怒鳴らないですよね

この人は原因で行動したのではなく、イライラ発散の目的(負の感情)で行動をしたのです。

アドラー
アドラー
あどらー
人間は目的を達成するために、
負の感情(不安・怒り・憎しみ・後悔・嫉妬・劣等感)
を利用します
ミヤコ
ミヤコ
なら私たちはどうやって幸せになるの?

目的のために感情を捏造しない

この本には、

虐待・育児放棄を受けたことが原因で、
対人関係が苦手になり引きこもり、社会に適応できなくなることを否定

アドラー
アドラー
原因は過去ではない外に出たくない目的のために不安という感情を作っている
過去が未来を決定してしまうことは非常に残酷なこと

引きこもるのは自分の責任だよってこと
体験者には非常に厳しく残酷、受け入れがたい言葉だと思います。

しかし、この言葉の先には、

今を生きてほしい

未来に向いて歩いてほしい

足りないのは環境や能力ではない、単に勇気が足りないだけ

それが、”幸せになる勇気”

と解釈しました。

非常に厳しい言葉をアドラーさんは伝えてくれますが、人間が壁を乗り越えるためには、勇気のある一歩が必要であり、そこにアドバイスをすることは”嫌われる勇気”てことかな

ミヤコ
ミヤコ
家事と育児で私が遊べる時間が全然ないんだよね
ゆきあ
ゆきあ
それは違う!
家事や育児を原因にして、感情を捏造してない?
寝る時間を削るといいよ
ミヤコ
ミヤコ
手伝えってことだよ!
バキッ

”嫌われる勇気” 前編 虐待から”幸せになる勇気”でした。

以上、良い1日に心音から感謝、バイバイちゃ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/2/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え2 [ 岸見一郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/2/3時点)